沖縄について知るべき事

沖縄の気候について

 

沖縄に移住したいという場合は、現地の気候状態についての知識も持っておく必要があります。

 

沖縄は、年間を通して温暖な気候となっているのが大きな特徴ですが、それ以外の知識がないまま移住するといった人も多いでしょう。

 

一言で沖縄の気候を表現すると、夏と秋が繰り返すようなイメージで、四季の移り変わりといったものはあまり感じることが出来ません。

 

このように、一年中暖かい状態ということは、その分日差しも強くなりますので、これまで以上に紫外線のケアをしっかり行う必要が出てきます。

 

また、気温が高い状態が続くことで体調を崩しやすくなるため、結局沖縄の気候に馴染めず内地に帰る人も多いようです。

 

そして沖縄の雨は、数日間降り続くといった状態は少なく、突発的なスコールに何度も襲われるといった形になります。

 

さらに、沖縄は台風が上陸する可能性が非常に高い土地ですから、内地から移住する場合は台風対策もしっかりと考えておくことが大切です。

 

また、一年を通しての平均気温が16度以下になることはないので、沖縄移住をすれば雪は見れなくなるでしょう。

 

そして7月~8月の平均気温は30度を超えますし、最高気温として35度を超えるのは当たり前ですから、寒い土地から移住する場合は特に注意するようにしましょう。

 

ただ、このように年間を通して温暖な気候だとはいえ、冬の間は海で海水浴などを楽しむことは出来ません。

 

とはいえ、海水浴やマリンスポーツは、5月から10月ぐらいまで楽しめますので、海が好きな人にとっては魅力的な土地だといえるでしょう。

 

沖縄の食べ物を考える

 

沖縄といえば、独特の食べ物が多いことで知られています。

 

ゴーヤチャンプルーや豆腐ようなどが有名ですが、沖縄でしかとれない魚などもあるため、移住すれば食生活にも大きな変化があるでしょう。

 

このように沖縄に移住する場合は、現地の食べ物に好みが合うかどうかが重要なポイントとなります。

 

ただ、沖縄に移住するからといって、必ず沖縄料理を食べなければならないわけではないので、それほど気にする必要はないでしょう。

 

とはいえ、移住すれば食べる機会は増えますので、どういった特徴があるのかここで簡単に紹介しておきましょう。

 

まず、味付けについては内地の料理と比べると比較的薄味になっています。

 

そして、豆腐の種類が豊富にあったり、聞いたことのないような食品メーカーも非常に多いといえます。

 

また、食材の値段に関しては内地よりも若干高めになっていますので、沖縄に移住する場合は食費の感覚も少し違ってくるでしょう。

 

このように、沖縄の食材に関して物価が高いのは、沖縄独特の気候により野菜などの収穫がどうしても限定されてしまうからだといえます。

 

ですから、沖縄移住する場合は、今までより食費が嵩んでしまうといったことは、覚悟しておく必要があります。

 

また、沖縄には外食を楽しめる店がたくさんあるというのも、特徴の一つです。

 

外食出来る店は、夜遅くまで開いているところが多いので、沖縄移住後は外食が多くなる人もいるようです。

 

このように、沖縄には独特の食文化がありますので、移住を考えている人はこういった食文化についても知っておくようにしましょう。

 

沖縄独特の方言

 

沖縄には独特の方言がありますので、移住する場合は方言についても多少は理解しておくようにしましょう。

 

ただ、こういった方言は日本全国にあるものの、沖縄の方言に関しては特に分かりにくいものが多いといわれています。

 

そして、沖縄の方言は北部と南部でもまた違ってきますので、移住してすぐに方言を理解するのは難しいといえるでしょう。

 

しかしながら、沖縄の方言が分からないからといって、生活に大きな支障が出るといったことはほとんどありません。

 

聞き取れないような沖縄の方言を使うのは、主に昔から沖縄に住んでいるお年寄りの人がほとんどです。

 

ですから、仕事や私生活でお年寄りと関わりがある場合は、理解出来る程度には覚えておくようにしましょう。

 

こういった方言は、現地で生活していくうちに慣れますので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

逆に内地で方言の強い土地から沖縄に移住するといった場合は、移住後これまで使ってきた方言は封印する方が良いでしょう。

 

内地の方言を沖縄で使っても会話が成立しないことが多いので、沖縄に移住するなら現地の言葉に慣れていくことが大切なのです。

 

とりあえずは、日常生活で使うような挨拶や時間に関する方言などを中心に勉強しておくと安心です。

 

このように、沖縄の方言に慣れてきてはじめて移住者として認められることも多いので、まずは少しずつでも沖縄の方言に慣れる努力をすると良いでしょう。

 

そうすることで、コミュニケーション力も高まり、地域コミュニティの中で安心して暮らせるようになるはずです。