沖縄移住生活の注意点

沖縄の治安状態

 

どこに住む場合にもいえることですが、治安が良いか悪いかといったことは非常に重要な問題だといえます。

 

沖縄に移住する場合も、治安が良い地域と悪い地域がありますので、特に子供連れで移住する場合は出来るだけ治安の良い地域を選ぶことが大切です。
沖縄という土地は、ゆったりとした時間が流れているため温厚で穏やかな人が多く、大きな事件や犯罪などがないと考えている人も多いでしょう。

 

しかしながら、実際は内地と同様に日々事件が起きていますので、移住を検討する場合は治安の良し悪しをしっかりチェックしておく必要があるのです。

 

また、沖縄では夜遅くまで開いている店もありますが、少し田舎の地域だと店も少なく日が暮れると真っ暗になってしまう道もあります。

 

そして、沖縄へ移住するということは、知り合いが全くいない土地に引越すということですから、当然不安を感じるでしょう。

 

その土地に長く住んでいれば、隣や近所に住んでいる人も把握していますし、子供がいる場合は近所の人に目を配ってもらうことも出来ます。

 

しかしながら、こういった信用はすぐに築けるものではありませんので、沖縄に移住してしばらくはどうしても不安になってしまうのではないでしょうか。

 

とはいえ、移住前に地域の治安を調べることは難しいので、実際に住んでみないと治安の良し悪しは分かりにくいといえます。

 

ですから、まずはインターネットなどで移住先の情報を事前に調べておいたり、交番などの近くに引越すことを検討してみるようにすると良いでしょう。

 

物価の違いについて

 

沖縄の特徴としては、内地と比べると比較的物価が高いということが挙げられます。

 

当然ながら、全ての物が高いというわけではありませんが、沖縄に移住を考えているなら全体的に物価が高いということは理解しておきましょう。

 

ただ、多少物価が高いといっても、それが沖縄移住のデメリットにはならないと考える人もいるでしょう。

 

しかしながら、今までよりお金が必要になるわけですから、金銭感覚を変えずに生活を続けていると当然お金は足りなくなってしまいます。

 

このように沖縄の物価は実際に高いのですが、一般的には物価が安いといったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

それは、沖縄旅行の際に利用したタクシーが安かったり、現地で食べたお弁当が安かったりといったことが影響していると考えられます。

 

このように、一部の物価に関しては内地よりも安いので、沖縄への旅行だけでは安く感じることもあるのです。

 

ですが沖縄に移住するとなると、そういうわけにもいきませんよね。

 

その土地で暮らしていくことになりますから、当然ながら色々とお金がかかってしまうことになります。

 

また、沖縄の場合は物を作ったり売ったりする業者自体が少ないため、競争性が低い状態になっています。

 

そういったことから、他社よりも安くしないと売れないという競争が起こらないため、必然的に物価が高くなるといえるのです。

 

そして、沖縄移住して仕事を探す際は、内地よりも収入が減る可能性が高いので、収支のバランスをしっかり考えて生活していくことが大事になります。

 

沖縄の医療環境

 

持病を抱えている人が沖縄移住をする場合は、移住先に医療環境が充実しているかどうかが重要なポイントになります。

 

沖縄の医療レベルが低いということはありませんが、医療環境が十分に整っていない地域もあるため、移住の際は事前にしっかり調べておくことが大切です。

 

特に沖縄の離島は医療環境が不十分なため、大きな病気で検査や治療が必要になる場合は、本島にまで行かなければなりません。

 

そういったことからも、持病を抱えている人が沖縄へ移住する場合は、その病気に対応出来る病院が近くにあることを重要視して移住先を選びましょう。

 

また、家族で沖縄へ移住する場合は将来的に子供が生まれる可能性もあるため、産婦人科や小児科がある病院が近くにあると安心です。

 

特に、沖縄の離島では産婦人科や小児科が少ないといった傾向がありますので注意しましょう。

 

こういった離島に移住する場合は、病気やトラブルなどの際に沖縄本島まで行かないといけない状況になります。

 

中には本島まで行くのにかなり時間がかかるといった離島もあるので、移住先を決める場合は慎重に選ぶことが大切です。

 

また、沖縄移住後に現地で仕事を探す場合、収入が激減してしまう可能性が高いといえます。

 

ですから、長期入院や治療、大きな手術などが必要になるといったケースも想定しておき、保険なども充実させておくようにしましょう。

 

このように、持病を抱えている人が沖縄移住をする場合は様々なトラブルが考えられますから、主治医としっかり相談してから移住先を決めることが大切です。

 

沖縄での主な交通手段とは

 

沖縄旅行の際に主な交通手段として利用出来るのは、タクシーやレンタカーなどが一般的です。

 

また、沖縄には「ゆいレール」とよばれるモノレールがありますが、一部の地域でしか利用することは出来ません。

 

そういったことから、沖縄へ移住して暮らすといった場合は、車での移動が基本となります。

 

そのため、車の免許を持っていないという人は、沖縄移住前に取得しておくようにしましょう。

 

また、沖縄移住後は車が必要になることから、移住先の物件も駐車場付きであるケースが非常に多いです。

 

このように、沖縄に移住して暮らしていくためには、車が必須だといえますので、しっかり準備しておくようにしましょう。

 

そして、沖縄ではタクシーの利用も頻繁に行われるため、タクシー料金に関しては内地よりも低料金になっています。

 

初乗り料金が500円程度ですから、少し外出する場合などはタクシーを利用するのも良いでしょう。

 

ただ、沖縄に移住して暮らすといった場合、いくら低料金だとはいえ毎日タクシーを利用していては出費が嵩んでしまい大変です。

 

それに沖縄は平均賃金も安いため、移動するためのタクシー利用は抑え、車で移動出来る形にしておくことが理想です。

 

そして、沖縄での交通手段として「バス」の利用も有効ですから、バスが運行している地域に移住する場合は大いに利用すると良いでしょう。

 

このように、沖縄では内地とは違い交通手段が限られてしまいますので、移住を検討する際は移動手段の確保についてもしっかりと考えておくようにしましょう。