引越し準備での掃除について

引っ越しのコツの説明

 

引っ越し準備をする時には掃除が必要です。
特に賃貸物件などでは
部屋を借りた時の状態に戻す必要があります。
かといって普通に生活していて
劣化する畳や壁紙などについては修繕の義務はありません。

 

自分で掃除をすれば費用を抑える事ができますが、
時間が無かったり掃除が苦手という人もいます。

 

そういった方は
ハウスクリーニングなどを利用するのもおすすめです。

 

基本的には退去後にハウスクリーニングに
かけられるのがほとんどですから、そこまで気を使わなくても良いです。
とはいえ、最低限のマナーとしてある程度は掃除をし、
きれいにした状態で引き渡すようにすれば大家さんも気持ちが良いでしょう。

 

入居する時には敷金を支払っている場合がほとんどです。
退去する時には修繕しなければいけない部分の代金を敷金から支払うことになります。

 

壁紙の穴などは修繕費が必要な場合があります。
もし、画鋲などの穴をあけてしまっている場合は自分で
修繕しておくことで費用を抑えることができますから頭に入れておきましょう。

 

元々住んでいた住居は準備をする段階で掃除をする事が可能です。
しかし新居の場合は荷物が入ってからでは掃除をすることが難しくなります。
もし新居に掃除が必要な場合は、
少しずつ荷物を運ぶ段階で掃除をしておくのがおすすめです。

 

大きな家具や家電を入れてしまってからでは
なかなか隅々まで掃除をするのは面倒です。

 

引越し準備をする時には掃除をどのようなタイミングで行うかも計画しておきましょう。
あらかじめ準備しておくことでスムーズな引越しができます。