敷金と礼金の違いについて

引っ越しのコツの説明

賃貸住宅を借り入れる時に、家賃や
共益費以外にも敷金や礼金という言葉をよく目にします。

 

契約時には家賃以外にこの敷金、礼金が必要になることがほとんどですが、中には意味を理解せず支払っている人がいます。

 

家賃は毎月決まって支払いをしなければいけないものです。
しかし万が一家賃を支払う事ができなくなってしまった場合、
大家さんなどの判断で敷金から家賃が充当されます。

 

また賃貸契約を解約し旧居引越しをする時などに、
部屋の中に修繕が必要であった場合に敷金からその修繕にかかる費用を支払わなくてはいけません。

 

敷金については家賃の滞納による充当がなく、部屋の修繕も全く必要がない場合、
敷金は返還されることになります。
逆に預けている敷金では修繕費をまかなえない場合、
不足している修繕費を準備しなくてはいけません。

 

賃貸物件ではできるだけこういった修繕費を支払わなくていいように気を使いましょう。

 

敷金については最初に預け入れた金額によっては多く戻ってくる場合もあります。
少しでも敷金が戻ってくる事で引越し準備に使う事ができます。

 

部屋での過ごし方によっては敷金を全く当てにできない場合が多いので、
タバコやペットを飼っている人は注意が必要です。
修繕が予想できる場合はあらかじめ修繕費を準備をしておくのをおすすめします。

 

礼金というのは部屋を貸してもらったお礼として大家さんに支払うものですから、
解約した時に返金はされません。

 

最近では礼金不要としている賃貸物件も
多いので引越しの予定がある場合はチェックしてみましょう。