旧居の解約手続きについてと部屋を引き渡す時のマナー。

引っ越しのコツの説明

引越しの一般的な流れは新居や引越し予定が決まった時点で、旧居の解約手続きを行い、実際に引き渡すための準備が必要です。

 

大抵の人が新居への引越しを済ませた直後に引き渡しを行います。
引き渡しは管理会社や大家さんと行う場合と、大家さんなどが委託している業者と行う場合がほとんどです。

 

日取りを決め約束をした時間に引き渡しを行います。
引越し準備の段階で掃除を終えていたとしても、引き渡し前にもう一度きれいにしておけば印象が良いでしょう。

 

旧居を引き渡す時には部屋を借りた時の状態に戻しておく必要があります。
そのため室内の修繕が必要ないかチェックされます。
もし修繕が必要な場合、費用を負担しなければいけませんが部屋を借りた時に支払っている敷金から支払う事になるのがほとんどです。
中には高額な修繕費を請求されてしまう場合もありますから、
自分自身の目でも修繕箇所を確認しておくことが重要です。

 

修繕内容や敷金の返還額に納得がいけば書類などにサインをし鍵を返還します。
これで引き渡しの作業は完了です。
修繕費や敷金の返還額などお金に関わる大事な事ですので
引き渡しの立ち会いはできるだけした方が良いでしょう。

 

しかし引越し先が遠方な場合、
旧居のカギなどを郵送で送ることで引き渡しを完了させるという物件もあります。
後は新居での新生活の準備をするだけです。

 

新居への引越しと引き渡し日を同日にしてしまうと
なかなか忙しいので引越しの翌日などに日どりを設定するのが良いでしょう。