旧居の解約手続きについてと部屋を引き渡す時のマナー。

引っ越しのコツの説明

引越しをする時には
今住んでいる旧居を引き払う場合がほとんどです。
解約の申し出を管理会社や大家さんに伝える必要があります。
賃貸契約書などで解約に関する項目を確認してみましょう。

 

賃貸契約書にはいつまでに解約の申し出をすればいいか記載されているはずですが、もし解約の申し出の期間についてなにも書かれていない場合は3カ月前と考えましょう。

 

法律では3カ月前と定められているためです。

 

万が一賃貸契約書に書かれている解約の申し出の期間よりも後になって

解約の告知を行った場合、罰金が必要になってしまう場合もあります。
不明な点はそのままにせず大家さんに確認をしてみましょう。

 

少なくとも急に来月や今月末で
解約すると申し出をしても受け入れてもらえない可能性が高いです。
賃貸物件の解約についてもあらかじめ準備しておくことが大切です。

 

部屋を引き渡すにはきちんと掃除をしておくのが一般的なマナーです。
部屋の中は借りた時点の状況を復帰しておく必要がありますが状況によっては
修繕費を請求される場合があります。

 

修繕が必要な場合、その費用は敷金から支払う事になりますが、
どの程度の修繕が必要なのか立会いをしておけば安心です。
中には敷金の返還額をごまかすために修繕費を多く取られてしまう場合があるためです。

 

引っ越し準備に追われ、掃除まで追いつかないという人も多いです。
旧居の掃除や修繕も引越し準備と考え、余裕のある引越し計画を立てることが大切です。