防犯対策は十分ですか

引っ越しのコツの説明

女性、男性関わらず
引越し後に住む家の防犯対策はとても大切なものです。
自分で行う対策だけでは不安が残ります。

 

下見をする時には物件の立地や建物の状況などもしっかり確認をする必要がありますから頭に入れておきましょう。

 

特に女性で引越し後1人暮らしをするという場合は気をつけなければいけません。人通りが少なかったり、外灯が不十分であればそのような物件は避けた方が良いでしょう。

 

また万が一の場合交番が傍にあるのかどうかというのも大切です。
何かトラブルがあった場合にすぐに交番に駆けつける事ができるか、また場所が解りにくい所にないか事前に確認をしておきましょう。

 

もちろん自分自身で対策をしっかり準備することも大切です。
普通賃貸物件では、住民が変わるたびに部屋のカギが取りかえられると考えている人が多いです。

 

しかし中には、何年も同じカギのまま取りかえられていないという場合もあります。
そういった事を避けるためにカギの取り換えが重要になります。
もちろん無断で変更することは避け、大家さんなどにカギの変更の相談をしてみましょう。

 

部屋を決める時には防犯に問題がないかきちんと確認しましょう。
ベランダの傍に大きな木などが生えていると侵入されやすくなります。
高層マンションの最上階であっても屋上からベランダに侵入されては意味がありません。

 

契約や下見をする前には事前にチェックシートを準備し、細かく確認していきましょう。

 

はやく引越し準備をしたいからと
下見を疎かにしてしまうと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。