賃貸契約について

引っ越しのコツの説明

自分の希望に合う賃貸物件を見つけることができたら、実際に引越し準備をするためには賃貸契約を結ぶ必要があります。

 

具体的な契約方法や準備するものについては各不動産会社によって違いがありますが一般的には印鑑、住民票、入居する人の収入証明書が必要になります。収入証明書とは源泉徴収票や住民税課税証明書などです。

 

この他に敷金や礼金、不動産会社への仲介手数料、共益費、家賃をなどを準備する必要があります。最近では礼金が要らない場合もありますから確認をしてみましょう。

 

一般的には仲介手数料は0.5カ月分~1カ月分になる場合がほとんどです。
また共益費とは他の住民と共有して使う部分の管理費などに使用されるお金です。
共益費は大体2~5千円程度になる場合がほとんどですが、引越し後の家賃に共益費を含めて準備することを考えておかないと支払うのを忘れてしまう事になりますから注意をしましょう。

 

契約を行うときにはトラブルが起きないよう、しっかり契約の状況を判断する必要があります。特に家賃が前払いなのか後払いなのかなどは注意をしておきたいポイントです。

 

また契約するまでに時間があく場合、手付金を支払うことで物件を抑えておくことができます。
下見を入念に行い、納得することができれば手付金のみしはらっておく事で他の人に引越し前に物件を取られてしまうことを防ぐことができます。
金額などについてはさまざまですので不動産会社に聞いてみましょう。

 

手付金を支払うことは自分が必ず借りるという意思表示です。
キャンセルできなくなりますし、万が一キャンセルとなれば手付金は戻ってこない可能性が高いので注意しましょう。