住む家の探し方

引っ越しのコツの説明

進学や就職により引越しをしなければ
いけない場合は新居探しから引越し準備がはじまります。

 

新居探しはさまざまな
判断ポイントがありますので頭に入れておきましょう。
基本的に賃貸物件を借りる人がほとんどでしょう。
大抵の人が家賃には限度があるはずです。

 

引越しの予算を考え、検討している賃貸物件が妥当かどうかしっかり判断しなくてはいけません。

 

自分に適した家賃の判断方法は、給料の1/3以下と考えましょう。
例えば家賃が10万円ならば30万円の給料が必要ということです。
15万円しか給与が無いの
に5万円以上の家賃の賃貸物件では負担が大きくなってしまいます。

 

住む家を探す方法については最近ではインターネットが大変便利です。
ほぼリアルタイムで自分の条件にあう賃貸物件を探すことができます。

 

インターネット環境が無い場合は住宅情報誌などもあるので便利です。
また良い物件はやはり人気が高いものですので直接不動産屋に足を運ぶことで
いち早く物件を見つけることもできます。

 

ある程度の家賃が決まったら、何をポイントに家探しをするのか考えてみましょう。
駅までの距離やスーパーやコンビニの有無、
部屋の広さや建物の築年数などさまざまな条件があります。

 

もちろん全て該当するような物件が
理想的ですが、優先する順位を決めてある程度は妥協する必要もあります。

 

ここで特に注意をしてもらいたいのが、
女性の場合防犯について十分かどうかということです。
もちろん自分自身で防犯対策の準備を行うのは大切ですが、
基本的な立地や建物の状態でも防犯対策が十分とれるかチェックしておきましょう。