引っ越し挨拶は最低限のマナーです

引っ越しのコツの説明

引越しをする時には引越し
業者の出入りなどで騒音が出てしまう可能性もあります。

 

そういった事に対処するためにも引っ越しをする前には
ご近所へ挨拶をしておけばトラブルを避けることができます。

 

基本的には旧居では挨拶のみで済まされる場合が多いです。
いついつに引越しの作業を行いますと知らせておけば、万が一
大きな音がしてしまっても引越しをしていると理解してもらえるでしょう。

 

気を使っておきたいのは新居での挨拶まわりです。
特に下に住民がいる場合は、引っ越しの時の作業音はもちろん、
今後の生活音についてもある程度了解してもらわなければいけません。

 

また社宅などの場合は1件1件回ることで印象を良くするきっかけになるでしょう。

 

賃貸アパートやマンションならば両隣と下の階、上の階の人で十分でしょう。
上の階の人に挨拶する事で足音などに気を使ってもらうきっかけになります。

 

引越しの挨拶には手土産を持参する場合が
多いですから500円~1000円程度のものを準備しておけば良いでしょう。

 

引っ越し準備や片づけが落ち着いてから
と思うとなかなか挨拶をする機会がなくなってしまいます。
ですから引越しをする前日や
当日には引越しをしてきますと挨拶を入れておくのをおすすめします。

 

一般的には旧居では
2日前から当日、新居では2日前から翌日には挨拶をしておいた方が良いでしょう。

 

こういった挨拶も引っ越し準備をする上で大切なことです。

 

気持ちの良い新生活をスタートさせるための
最低限のマナーになりますからしっかりと頭にいれておきましょう。