便利グッズを活用しましょう

引っ越しのコツの説明

元々の住居で賃貸契約を行っている場合、

引っ越し日には引き渡しをすることになります。
この引き渡しの時には部屋を借りた時の状態に
戻しておく必要があります。

 

この時に画びょうの穴やフローリングなどのキズなどをそのままほおっておいては、修繕費を求められる可能性があります。
最近ではホームセンターなどで簡単に補修ができるグッズが販売されています。

 

こういったものを活用すれば無駄な費用を抑える事ができます。
基本の荷造りアイテムとして新聞紙や、ハサミ、ガムテープなどの他にも
たくさん便利なグッズがありますから、
引っ越し準備をする時にはホームセンターなどを一度覗いて見ましょう。

 

引越し準備は荷物が多くては荷作りが面倒ですし、
梱包した荷物が大量になってしまっては荷運びも大変です。
また段ボールなどの量によっては引越し業者に支払う費用も高額になってしまいますからできるだけコンパクトにまとめておきたいものです。

 

そういった時に便利なのが衣服や布団類を圧縮できる圧縮パックです。
特に衣服は思ったよりもかさばるものです。
圧縮パックがあれば
そのまま箱に詰めるよりもずっとコンパクトに荷作りすることができます。

 

また家具類を運ぶ時に気をつけなければいけないのが傷です。
床や壁部ぶつけてしまったり、落としてしまったりする
可能性がありますから家具の保護シートを準備しておきましょう。
床や壁についても搬入経路は保護シートを張りつけておけば安心です。

 

引っ越し準備をする時にいろいろ工夫することで手間や費用を抑える事ができます。
余裕をもって準備しておきましょう。