転出、転入の手続きの流れについて

引っ越しのコツの説明

引越しをする時には各市区町村役場にて転出、転入の手続きまたは、転居届の提出を行う事が必要になります。

決して忘れてはいけない手続きですから事前に準備をしておきましょう。

 

まず引越しにより管轄の市区町村が変わる場合、転出届を提出することになります。
準備しておくものは身分証明書、印鑑、国民健康保険証です。手続きは本人か世帯主、もしくは代理人が行う事ができます。
もし、代理人に手続きを依頼する場合は委任状を準備しておく必要があります。

 

引越し前の管轄の役場に転出届を提出します。
書類等に不備がなければ、転出証明書が発行されます。
この転出証明書は引越し先の市区町村役場に提出しなければいけませんから無くさないように気をつけましょう。

 

引越しを終えたら、
次は引越し先の市区町村役場に転入届を提出しなければいけません。
この時に転出証明書もあわせて提出します。
無事手続きが終わればひとまず安心です。

 

基本的に転出の手続きは
引越しの14日前から、転入の手続きは引越し後14日以内に済ませる必要があります。
引越し準備などに追われているとつい忘れてしまいがちですから注意をしましょう。

 

万が一転出の届け出を忘れてしまっていた場合、
引越し後14日以内であれば手続きをする事ができます。
しかし転出転入共に14日を過ぎてしまうと過料が必要になる場合もありますから注意をしましょう。

 

なお、同一の市区町村内で引越しした場合は転居届を提出するだけになります。こちらも忘れないように覚えておきましょう。