引っ越しのコツの説明

引越し先の新しい住居が近所で学校などが特に変わらないという場合は、通っている学校に住所変更の連絡をするだけで済みます。

 

しかし引っ越しにより子どもたちが通学する学校が変わってしまう場合は、転居を終えるまでに転校の手続きの準備が必要になります。

 

具体的な手続き方法については各市区町村役場に事前に確認しておきましょう。

 

一般的な手続きの流れをお話します。
引越しが決まった時点で転校手続きの準備をはじめましょう。

 

担任の先生や学校には最低1カ月前には連絡しておく必要がありますが学校側も様々な準備がありますのでできるだけ早く連絡をしましょう。

 

学校からは在学証明書や教科書給与証明書が交付されます。
この他に
市区町村役場に転居届を提出した時に交付される転入学通知書が必要になります。

 

転居先の学校で転入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書を提出しなければいけませんからきちんと準備しておきましょう。
どのように手続きをすればいいかは学校側へ確認しておくと安心です。

 

また転居先の学校によっては、
制服や教科書など新しく準備しなければいけないものもあります。
前の学校では使っていなかったものを揃えておかなければいけない可能性が高いので事前に余裕をもって準備しておきましょう。

 

子どもたちの新しい生活を
しっかりとスタートさせてあげるには余裕のある引っ越し準備が大切です。

 

転校手続きなどは
決して間違いがあってはいけませんからきちんと計画をしておきましょう。