自分で引越しを行う場合

引っ越しのコツの説明

引越しをする時には自分で準備、荷運び等を行ってしまえば、業者に支払う代金は不要になります。

考えているより荷物が多かったり、また車や人手を用意しなくてはいけません。自分で引越しを行う場合はより念入りに準備をしておきましょう。

 

まず、荷物の量によっては自分の所有する車や家族、友人の車では運びきれない場合があります。
そういう時にはレンタカーが便利です。トラックなどをレンタルすれば一度にたくさんの荷物を運ぶ事ができます。

 

引越しシーズン中の土日、祝祭日はトラックなどのレンタカーの需要が高まります。
事前に日どりを決定し予約しておけば安心です。

 

荷運びはいくら荷物が少なくても1人で行うには大変です。
大半の人が友人や家族に手伝いをお願いすることになります。
そういった時は友人だからとお礼を全くしないのは避けましょう。
新しい生活のスタートですから感謝の意をこめて食事などに誘う事がおすすめです。

 

自分で引越しを済ませてしまう場合、好きな時に引越しができるからと引越し準備が疎かになり、賃貸契約などの引き渡し日に間に合わなくなってしまう人もいます。

 

決まった日までにきちんと引き渡しができない場合、もう1カ月分の賃貸料を請求されてしまう場合があります。

 

そのため業者に依頼をしない場合でも自分で期限を決め、あらかじめ余裕を持って引越し準備の計画を立てておくことが大切です。

 

引越し日当日の天候も考え予備日も決めておけば安心ですね。